注目の記事をPICK UP♪
台湾で愛される最高に美味いドリンク「珍珠奶茶」(台湾)
スポンサーリンク

台湾の夜市で歩き回りカラカラに渇
いた喉をいやすときに私が求めるもの…。

それはビール、ではなく「珍珠奶茶」というドリンク。写真に写った看板でも確認できるが、台湾で愛されるドリンクの1つである。

「珍珠奶茶」はパールミルクティー・タピオカミルクティーと呼ばれる。

今日では日本や欧米でも手軽に飲めるようになった。甘くてタピオカ独特のプニプニ感が絶妙なのだ。この感覚は台湾で「QQ 感」と呼ばれ、以前は珍珠奶茶のことをQQドリンクと呼んでいたこともある。

タピオカの原料は「キャッサバ」という南米原産のイモの一種で、タピオカは、キャッサバから製造されたデンプンのを指す。このデンプンの製造法をブラジルの先住民の言葉で「タピオカ」と呼ぶことに由来するのだとか。

私は、タピオカは木になる豆のようなものだと思い込んでいたため、台湾の友人に笑われた。

私たちが目にするタピオカには大概色がついているが、煮戻したタピオカは透明であり、色はカラメルなどにより着色されている。

それにしてもこのドリンクは美味い。最高に美味い。

タイのミルクティー(チャイエン)、練乳たっぷりのベトナムコーヒー、そして今回の珍珠奶茶が甘系アジアドリンクベスト3である。いつかその味を堪能してみてほしい。

スポンサーリンク

Twitterでフォロー

オススメの記事