このページは「はじめに」のカテゴリです。
はじめてお越しの方は、まずこちらからご覧ください。

「わくわく教材ランド」は、「アジア文化交流研究会(アジ研)」が運営しています。
アジ研の活動内容は、こちらからご覧ください。

「わくわく教材ランド」は主に英語教材を紹介するブログです

中学校の英語の授業で実際に使ったオリジナル教材を紹介しています。

小中高の英語科の先生、塾の先生、家庭教師の先生、英語を指導するあらゆる先生方、そして一生懸命に英語を学ぶ生徒の皆さんに向けて記事を書いています。

【英語を教える先生方へ】

活動用ワークシート、カード教材、英語劇シナリオ、英語スゴロク、パワーポイントを使った英語クイズなどの教材をはじめ、掲示物、賞状、英語科新聞などの小道具も紹介しています。

特に、アクティブラーニングを念頭に置いた活動系教材に力を入れていますので、ご覧になって面白そうなものが見つかりましたらぜひ実践のうえフィードバックを頂ければ幸いです。

<私なりのアクティブ・ラーニングの捉え>
●創造性を刺激するような、子どもが「やって見たい!」と思う活動である(能動性)
●友だちや先生と触れ合ったり、情報や感情のやり取りをする場面がある(相互性)
●自分の情報・考え・思いを表明する場面がある(自己表現)
●学んだことが今後の自分自身の人生や社会に活かされる実感がある(持続性)

小学校における英語の教科化にともない、今後は、小学校向けの教材も積極的に作っていきたいと考えています。小学校の先生方も時々覗いていただけると嬉しいです。

国際教育や学級経営関連の教材もあります。

教材作成の方向性を記した「教材コンセプト」のページもあわせてご覧ください。

【英語を学ぶ生徒の皆さんへ】

生徒の皆さんに向けた記事は、今は主に読み物(旅の写真館学習処方箋など)になっていますが今後は演習プリントや英語学習Q&Aなども充実させていく予定です。

「こんな教材作ってほしい」といったご要望も受け付けています。

このブログの使い方

トップページの検索スペースより、お探しの教材に関連する言葉で検索をかけてください。

文法名(例:現在進行形)、学年(例:1年)、国名(例:カンボジア)、行事名(例:修学旅行、入試)、活動名(例:英語劇)で検索が可能です。

どのような教材があるのかざっと見たい方は、教材イメージギャラリーにて教材のイメージ(写真)をご覧ください。

教材研究の時間確保に苦労されている先生方が多いと拝察します。効率的な「授業のネタ探し」のお手伝いができれば幸いです。

お気に入りの教材が見つかりましたら、ぜひ実践のうえ、教材の使用感などフィードバックをいただければ幸いです。

「職員室@わくわく教材ランド」(先生方向け)の開設について

LINEのオープンチャットにて「職員室@わくわく教材ランド」を開設しました。

新作教材をアップするときに、このオープンチャットにてお知らせしたいと思います。

あわせて、教材の使用感や活動のアイデアについて気軽に交流できるような場になればと思います。普段の授業で取り組んでいる活動やお好みの教材などについて教えてください。

始めたばかりですが、気軽に登録してください。

匿名で参加できます。個人のアカウントとは紐づけられていません。いつでも自由に退会できます。安心して参加してください。

<職員室@わくわく教材ランド>に登録する

メルマガ登録はコチラから

まぐまぐ!にて定期的に新作教材のお知らせをお送りするメルマガを始めました。

『わくわく教材ランド』の公式メルマガになります。

中学英語の活動系教材がメインですが、今後は小学校向けの教材もたくさん作ります。

また、学級経営や生徒会に関する掲示物も紹介しますので、英語や国際教育はもちろん、学級経営・教室掲示・生徒(児童)会活動に興味のある小中学校の先生方もぜひこの機会にご登録ください。

ココから登録できます。
https://www.mag2.com/m/0001691457.html

はじめにの記事一覧
『わくわく教材ランド』の公式メルマガ始動!
サイトコンセプト
プライバシーポリシー
サイトポリシー
旧サイト『英語学習ガイダンス』は完全閉鎖しました。
前身3サイトの閉鎖とお礼
教材コンセプト