注目の記事をPICK UP♪
月間「個人重点目標」シートのテンプレート〔担任セット〕
スポンサーリンク

月間の「個人重点目標」を記入するためのシート・テンプレート〔担任セット〕

学校にはいろいろな目標がありますが、みなさんの学年や学級ではどんな目標を設定させていますか。

学級目標などはほぼすべての学級が定めていると思います。他の先生方の話を聞くと、いろいろな種類の目標があっておもしろいなと感じます。

目標は、学年やクラスなど全体目標と個人目標に大別されると思いますが、今回は、よく見られる「月間の個人目標」のためのシートを紹介します。

クラス全体や個人の目標づくりの取組例を紹介しておきます。

クラス全体の目標

「全体の目標」については、改めて別記事で詳しく扱いたいと思います。今日は簡単に記します。
私の場合は、自分のクラスの中で短期・中期・長期の全体目標を設定するようにしています。

通年の学級目標に加え、週目標と中期目標を設定しています。

【学年目標及び学年テーマ】
○クラスが複数ある場合の学年全体で共有する目標

【クラス短期目標】
〇週目標(リーダー会議提案、または週末の短学活などで決める)
〇達成状況を、教室内に「〇×カード」、「花カード」、「誉喝マグネット」などで掲示するなどして共有する

【クラス中期目標】
〇2ヵ月程度の目標(学級アンケートの数値を見ながら学級会で決める)
〇掲示スペースに枠を掲示して記入させる
〇中期目標については、「学級力向上プロジェクト」の中にある学級診断アンケートを使っています。興味のある方は、ご覧ください。

【クラス長期目標】
〇通年のクラス目標(年度はじめに学級会で決める)
〇教室前面に掲示する

目標が多すぎるとフォーカスできないとおっしゃる方もいますが、いろいろ試した結果私は下記のような目標の設定(3つの全体目標+月間個人目標)がバランス的に取り組みやすいと感じます。

目標の数や種類というよりは、生徒がどれだけ目標を意識して生活するかが大切だと思います。

目標を把握しておくことはもちろん、目標に対する生徒の取組を日常的に取り上げて、教師が評価やアドバイスを与えることが大切になります。

個人の目標

個人の目標は、基本的には月間の「個人重点目標」のみです。「学習面」、「生活面」、「家庭・部活・校外」の3部構成にしてあります。

よく見られる一般的なスタイルだと思いますが、クラス目標と中期目標も確認できるように記入スペースを設けてあります。これらの目標に個人目標を関連させる生徒もいます。

また、小さなことですが、月末に自分の立てた目標を☆を塗りつぶすことで評価し、簡単な振り返りを記せるスペースを設けています。これがあるとないでは生徒の意識に大きな差が生まれます。

目標に対する評価と振り返り、それを踏まえての新しい目標設定、というPDCAサイクルの流れについてアドバイスすると効果的な取組となるでしょう。

教材ダウンロード

「重点個人目標」〔ブランク〕をダウンロード
PDF WORD

「重点個人目標」〔9月〕をダウンロードする
PDF WORD

「重点個人目標」〔10月〕をダウンロードする
PDF WORD

「重点個人目標」〔11月〕をダウンロードする
PDF WORD

「重点個人目標」〔12月〕をダウンロードする
PDF WORD

ダウンロードの注意点
pdfファイルをダウンロードする場合
フォントの有無に関係なくデザイン正しく表示されますが、編集はできません。pdfファイルで仕上がりデザインのイメージを確認して、編集が必要な場合はwordファイルをダウンロードして編集してください。
wordファイルをダウンロードする場合
お手持ちのPCに該当wordファイルに使用されているフォントがインストールされていない場合、開いたときに文書内のデザインが崩れて表示されますが、正しく表示されていないフォントを変更することでデザインの崩れを修正できます。お好みのフォントに置き換えてご利用ください。
スポンサーリンク

Twitterでフォロー

オススメの記事