注目の記事をPICK UP♪
新世界発見クイズ〔ミクロネシア連邦編〕<PowerPoint>
スポンサーリンク

未知の国について学び、新しい世界を発見するクイズ活動<ミクロネシア連邦編>

新たに「新世界発見クイズ」というシリーズを作ることにしました。これまでのクイズテンプレートを使いながら、未知の国について学べるクイズを作っていきます。

初回は、ミクロネシア連邦についてのクイズです。

ミクロネシア連邦という国について皆さんはどんなイメージや知識を持っていますか。

ミクロネシアとは、厳密には一定のエリアを示す地域名であり、ミクロネシア連邦は、そのエリアの中の1つの国です。

オセアニアの海に浮かぶ島国であるミクロネシア連邦は、意外にも日本と深い関係を持っている国でもあります。

ミクロネシア連邦にはどんな人々が暮らしているのでしょうか。日本との関係は?

このクイズは、パワーポイントを使い、ボタンを押すだけでクイズ活動を進められるように作られています。

クイズの仕様
本サイトのクイズテンプレートを使っています。スクリーンに投影するなどして全体でクイズを楽しむためのクイズテンプレートです。クイズを上書きするだけで簡単に仕上がります。
問題数はコピー&ペーストで自由に増減できます。解説用のスライドも大小用意してあるので、問題のあとに解説を挟むこともできます。
考える時間にBGMが流れますが、新しい問題が表示されて約90秒後にタイムアップのジングル(チロリンチロリン)がなるように調整しています。
問題数は、1時間の授業に収めたい場合、解説に割く時間にもよりますが概ね10問から12問くらいが丁度良いと思います。
オープニング&エンディングに加えてクイズの出題や解答表示の際にも効果音を入れているのでクイズ番組風の雰囲気を楽しみながら活動できると思います。

新世界発見クイズ〔ミクロネシア連邦編〕のイメージ

解答用紙の画像

全12問で、所要時間30分程度のボリュームです。

新世界発見クイズ〔ミクロネシア連邦編〕の教材データ

<活動規模>小さい
<対象学年>小学校高学年~中学校全学年
<所要時間>1時間
<準備の労力>少ない
<動静の程度>盛り上がる
<おすすめポイント>楽しみながら学べる

新世界発見クイズ〔ミクロネシア連邦編〕の問題

第1問

ミクロネシア連邦は、どこの国か。
〔A.アジア B.オセアニア C.アフリカ〕

答え:B.オセアニア
ミクロネシア連邦は、オセアニア・ミクロネシア地域に位置する国。

第2問

ミクロネシア連邦の国旗は、次のうちどれか。

答え:C.
A.はマカオの旗です。B.は南米のホンジュラスという国の旗です。

第3問

ミクロネシア連邦には大小いくつの島があるか。
〔A.約60 B.約600 C.約6000〕

答え:B.約600
ミクロネシア連邦は、フィリピンの東に浮かぶカロリン諸島に属する607の島からなる。

第4問

沖縄県の面積は、ミクロネシアの面積より大きい。YESかNOか。

答え:YES
沖縄県の面積は約2,200㎢、ミクロネシアの面積は約700㎢。
ミクロネシアは、面積712㎢の奄美大島とほぼ同じ大きさ。

第5問

ミクロネシア連邦の人口は、沖縄県最大の都市である那覇市の人口より多い。YESかNOか。

答え:NO
ミクロネシア連邦の人口は、約10万人。那覇市の人口は、約32万人。

第6問

戦前、ミクロネシアに多くの日本人が住んでいたことがある。YESかNOか。

答え:YES
1914年から約30年間日本の統治下にあった。この期間、日本人の居住者は数万に達していた。

第7問

国旗の4つの白い星は、何を表しているか。
〔A.主要な島の数 B.主要な人種の数 C.主要な宗教の数〕

答え:A.主要な島の数
国旗にある4つの白い星は、南十字星を表す。また、国の主要4諸島を表している。

第8問

日本に住んでいるミクロネシア人は何人くらいいるか。
〔A.50人 B.500人 C.5000人〕

答え:A.50人
2019年6月時点で52名。ミクロネシア連邦に住む日本人は107名。

第9問

ミクロネシア連邦の公用語は何か。
〔A.英語 B.フランス語 C.日本語〕

答え:A.英語
高齢者の中には日本語を話せる人もいる。日本語由来の単語も多い。「フトン」、「ジドウシャ」、「デンキ」、「ベントウ」、「アミモノ」など、多くの単語が現在でも日常会話で使用されている。

第10問

ミクロネシア連邦で最も人気のあるスポーツは何でしょう。
〔A.野球 B.サッカー C.テニス〕

答え:A.野球
最も盛んなのは野球で、次いでサッカーが人気を博している。

第11問

ミクロネシアはギリシャ語のミクロス、ネソスという言葉に由来するが、どういう意味か。
〔A.小さな島々 B.幻の島々 C.天国の島々〕

答え:A.小さな島々
ミクロス(小さな)、ネソス(島々)で小さな島々の意味。

第12問

写真に写っているものは「ライ」と呼ばれるものだが、これは何か。
〔A.貨幣(お金) B.魔除け(お守り) C.家具(テーブル)〕

答え:A.貨幣(お金)
世界一大きい貨幣である石貨(stone money)。ヤップ島で現在でも実際に流通している原始貨幣。真ん中に穴が開いており、中に棒を通して運搬できるようになっている。貝殻貨幣(shell money)もある。

新世界クイズ〔ミクロネシア連邦編〕のスライド

生徒の感想

ミクロネシア人が日本で50人ほどしかいないことや最古のお金が使われていることに驚きました。

ミクロネシア語に日本語由来の言葉があることを知りました。

クイズは解説があってわかりやすかったです。

満点は取れなかったけど、10点は超えたので良かったです。

英語のヒントがもらえて良かったです。リスニングをがんばりたいと思いました。

島の大きさや島の数など興味の湧くクイズばかりで楽しかったです。

J先生の故郷について知ることができて楽しかった。

原始貨幣のライというものがすごく興味深い。

時間がある時にもっと詳しく調べてみたいと思った。

石貨を運んでいるときに亡くなる人もいるのかと驚いた。

This quiz is difficult but I enjoyed it.

教材ダウンロード DOWNLOAD

「新世界発見クイズ〔ミクロネシア連邦編〕本体」〔PowerPoint〕をダウンロードする

「新世界発見クイズ〔ミクロネシア連邦編〕解答用紙」〔PDF〕をダウンロードする

「わくわく教材ランド」で利用できるクイズ・テンプレート一覧
日頃より「わくわく教材ランド」をご覧いただき、ありがとうございます。
クイズ教材のビューが増えているので、扱っているクイズをわかりやすく一覧にしました。
児童・生徒の実態に合わせてクイズの問題を追加&削除しながらご利用ください。
クイズの詳細とダウンロードは、各クイズの該当ページにてご確認ください。
ノーマル1問1答/Who am I?クイズ<1ヒント>
スタンダードな1問1答形式タイプのクイズ。ヒントから何者かを推測する「私は誰でしょう」クイズのワンヒント版もこの形式で作ります。
Who am I?クイズ<3ヒント・5ヒント>
「私は誰でしょう」クイズ。3つ、または5つのヒントから何者かを推測する。
わくわくABCクイズ<3択>
3択タイプのノーマルクイズです。工夫によって、いろいろな教科でいろいろな使い方が可能です。
YES-NOクイズ<2択>
YESとNOの2択なので、誰が勝利するか最後までわかりません。苦手な生徒も楽しめます。
英単語定義クイズ
単語の定義からその単語を当てるクイズ。語感トレーニングや頭の体操にもなります。
現在進行形クイズ
動画からその人が何をしているのか当てるクイズ。

クイズラオスオネア<4択>
アジア最後の秘境、ラオスについてのクイズ。

世界人口デークイズ<3択>
世界人口について考えるクイズ。7月11日の世界人口デーに合わせていかがでしょうか。
学期末クイズ<3択>
言語や外国についてのいろいろなクイズ。学期末のお楽しみにどうぞ。
スポンサーリンク

Twitterでフォロー

オススメの記事