注目の記事をPICK UP♪
楽しみながら効果的に復習できる「英語スゴロク」
スポンサーリンク

「英語スゴロク」で盛り上がろう

楽しみながら基礎的な知識や英会話の即興性を強化できるスゴロク教材。本サイトで最も大型の教材で、生徒の支持率が高い教材です。

遊び方は、普通のスゴロクと同じでサイコロを振って出た目だけ進みながら止まったマスの指示に従うというシンプルな遊び方です。マスは全部で50あり、授業で扱いやすいように20分から30分でゴールできるように作ってあります。

標準的な授業の組立てとしては、「冒頭15分で復習、20分でスゴロクゲーム、15分で振り返り」という感じです。振り返りで、難しかった点を発表させて全体で確認するようにすると効果的です。また、上位グループを表彰してご褒美(スタンプなど)を与えます。

盛り上がる教材ですが、単に楽しいだけの教材ではなく、復習させたい文法項目を絞ったり覚えさせたい単語・熟語・暗唱例文をSQSとして自由に設定でき、戦略的に用いることができるゲーム教材です。

<英語スゴロクセットの内容>
①スゴロク本体とサイコロ3種(6面、12面、20面)
②説明書(ルールはすべてこの説明書で確認できる)
③リードプリント(ゲームをする上で便利な英語表現を確認できる)
④フォト(PHOTOのマスに止まったら使ういろいろな写真)
⑤マップ(MAPのマスに止まったら使ういろいろな人間が描かれた地図)
⑥SQS(A)(B)(C)
⑦タイマー(これで時間を計測します)
⑧5つのコマ(可愛いコマを用意すると盛り上がる)

<英語スゴロクゲームの進め方>
●グループ内でヒントを出し合って助け合いながらゲームを進めます。
●より早くメンバー全員がゴールできたグループの勝ちです。
●原則、日本語は使いません。英語のみでゲームを進めます。説明書はいつ見てもOKです。
●マスに書かれた主な指示は次のようなものがあります。

【NAME】「~なもの」の名前を挙げる。
【WRITE】曜日や季節のスペリングを書く
【PHOTO】写真について3つの英文で説明する
【SQS】SQSとは「スゴロク質問シート」のこと。出た目の問題に答える。
【G-TALK】グループで会話を楽しむ
【MAP】マップ中の人々の動作を現在進行形で説明する
【モンスター】サイコロを振ってモンスターを倒す
【GO BACK TO START】スタートに戻る

「英語スゴロク」の説明書

「英語スゴロク」のリードプリント

「教材名称」の教材データ

<活動規模>断続的、1回のゲームは1時間の授業で実施可能
<対象学年>小学生高学年、中学生、高校生
<所要時間>1回20分から30分
<準備の労力>大きい
<動静の程度>盛り上がる
<おすすめポイント>
●拡張性が高い(SQSの設定やフォトの追加など、詳細は下で述べます)
●狙った文法を復習させることができる
●国際理解教育とも相性が良い
●英語の発話に慣れる(発話量の増加が期待できる)

教師が自由に設定することができるSQS

この教材の強みはいくつかありますが、SQSシート(A)(B)(C)の3種類を設定してゲームの中で復習させることができる点は便利です。

SQSとは、Sugoroku Question Sheetの略で、SQSのマスに止まったらSQSの中の問題をメンバーに出題してもらいます。サイコロは、6面、12面、20面の3種があるので、各SQSには6問か12問か20問の問題を用意します。例えば、SQS(A)のマスに止まった場合、再度サイコロを振って出た目の問題をメンバーに出題してもらいます。

普段、帯活動で使っているシートを使うこともできますし、新規にシートを作ることもできます。事前にスゴロクで使用するSQSを配布しておき、予習させることもできます。

また、例えば、「今日のSQS(C)はカードクイズです」というように(A)(B)(C)のいずれかにカードクイズを設定することもできます。「ワールドクイズ」や「花盛りトーク」などのカードもご活用ください。「ワールドクイズ」は社会科の勉強にもなります。「花盛りトーク」は学年はじめなどのアイスブレークにも効果的です。

バリエーションが期待できるフォト

美しい写真や外国の写真は見るだけでも楽しいもの。オリジナルのフォトを追加すると盛り上がります。

PHOTO(フォト)のマスに止まった生徒は写真を見ながら3つの英文を作ります。簡単に、"This is~ "や"I can see~"でも問題ありませんが、学習した文法を積極的に使うように声掛けすると生徒も意欲的に取り組むでしょう。中学3年生以上であれば、必ず「この写真は○○で撮影されました(This photo was taken in m○○.)」と受け身の文を入れるように条件を課してもいいでしょう。

写真に、撮影場所や撮影対象の情報を記しておくと生徒が取り組みやすくなります。外国の写真を用いれば、外国への興味のきっかけにもなります。スゴロク用写真も、用意してありますのでよろしければご活用ください。生徒に1枚ずつ好きな写真を持参させて、コピーして利用する方法もあります。

また、特定の写真(例えば、「スポーツをしている人物」や「○○をしている人物」など)をお求めの場合、「写真AC」<https://www.photo-ac.com/>というサイトが便利です。いろいろな写真を検索して使用できます。1日に10枚までであれば、多種の写真を無料で、しかもクレジット表記なしで利用できます。

教材ダウンロード

「英語スゴロク(本体)」をダウンロードする
PDF WORD

「英語スゴロク(説明書)」をダウンロードする
PDF WORD

「英語スゴロク(リードプリント)」をダウンロードする
PDF WORD

「英語スゴロク」で利用可能な教材
「英語スゴロク」(本体)についての詳細を見る
「英語スゴロク」で利用可能な他の教材を見る
ダウンロードの注意点
pdfファイルをダウンロードする場合
フォントの有無に関係なくデザイン正しく表示されますが、編集はできません。pdfファイルで仕上がりデザインのイメージを確認して、編集が必要な場合はwordファイルをダウンロードして編集してください。
wordファイルをダウンロードする場合
お手持ちのPCに該当wordファイルに使用されているフォントがインストールされていない場合、開いたときに文書内のデザインが崩れて表示されますが、正しく表示されていないフォントを変更することでデザインの崩れを修正できます。お好みのフォントに置き換えてご利用ください。
スポンサーリンク

Twitterでフォロー

オススメの記事