注目の記事をPICK UP♪
「BECS」と「SQS」兼用の問題枠テンプレート
スポンサーリンク

「BECS」と「SQS」兼用の問題枠テンプレート

スゴロク教材のページビューが増えているのでスゴロク問題シート(SQS)の枠シートを整理しました。

A4ワンペーパーに最少6題から最多で60題まで設定できます。

先生方が、生徒の状況に応じて自由に作問できます。BECSとして兼用も可能です。

 

BECS(ベックス)とSQS(エス・キュー・エス)
BECS(ベックス)とは何ですか?
BECSとは、Basic English Check Sheet(基礎英語をチェックするためのシート)の頭文字をとったものです。

毎時の授業の冒頭や週末の一定時間を割いて基本的な英単語・フレーズ・基本文などを繰り返しドリルして定着を目指す帯活動で使う本サイトオリジナル教材を短くBECS(ベックス)と呼んでいます。

SQS(エス・キュー・エス)とは何ですか。
SQSとは、Sugoroku Questions Sheet(スゴロク問題シート)の頭文字をとったもので本サイトのオリジナル英語スゴロク(学校の授業向け)で使用する問題シートです。

スゴロクで、SQS(A)~SQS(C)のマスに止まったときに、ダイスの出目の数字の問題に挑戦するというものです。
例えば、SQS(A)に止まり、再度ダイスを振って12が出た場合、SQS(A)のシートを参照、第12問に挑戦するという具合です。

6題から60題に対応した「BECS兼SQS用マルチシート」ブランク枠

帯活動で何度も練習させたい語彙・フレーズ・基本文を集めたBECS(ベックス)と英語スゴロクで使用するSQSを兼ねたマルチシート枠です。

いくつか種類がありますので、下の見本を参考にお好みのものをご使用ください。

そのまま手書きで書き込んでもOKです。

問題数6題版(6面ダイス用)
●単独シート(1列版)
●(A)(B)合体版シート(2列版)
●(A)(B)(C)合体版シート(3列版)

6面ダイス用の1列版(計6題)

<単独シート>

6面ダイス用の2列版(計12題)

<(A)(B)合体版シート>

6面ダイス用の3列版(計18題)

<(A)(B)(C)合体版シート>

問題数12題版(12面ダイス用)
●単独シート(1列版)
●(A)(B)合体版シート(2列版)
●(A)(B)(C)合体版シート(3列版)

12面ダイス用の1列版(計12題)

<単独シート>

12面ダイス用の2列版(計24題)

<(A)(B)合体版シート>

12面ダイス用の3列版(計36題)

<(A)(B)(C)合体版シート>

問題数20題版(20面ダイス用)
●単独シート(1列版)
●(A)(B)合体版シート(2列版)
●(A)(B)(C)合体版シート(3列版)

20面ダイス用の1列版(計20題)

20面ダイス用の1列版(計20題)

<単独シート>

20面ダイス用の2列版(計40題)

<(A)(B)合体版シート>

20面ダイス用の3列版(計60題)

<(A)(B)(C)合体版シート>

教材ダウンロード DOWNLOAD

「BECS兼SQS用マルチシート」を一括ダウンロードする〔ZIPファイル〕

スポンサーリンク

Twitterでフォロー

オススメの記事